○港北区の子育て情報満載!
160449
qrcode.png
http://www.kohoku-drop.jp/
モバイル版はコチラ!
 

港北区地域子育て支援拠点
どろっぷ
〒222-0037
横浜市港北区大倉山3丁目57-3
TEL.045-540-7420

 「どろっぷ」は、「認定NPO法人びーのびーの」が、横浜市港北区から受託して運営しています。

 
 
 

子育て家庭の防災(特設ブログ)

  • トップ  > 
  • 子育て家庭の防災(特設ブログ)
 

お知らせ(防災関連)

お知らせ(防災関連)
 
熊本被災地支援 衣料雑貨などの献品のお願い
2016-06-16
 家族や親戚、友人が熊本に住んでいるという熊本出身のNPO法人びーのびーのスタッフからのお願いです。(NPO法人びーのびーのは、港北区地域子育て支援拠点どろっぷの運営法人です)
 
地震後、ツイッターで熊本の情報を毎日チェックしているのですが、私自身は今、熊本に帰って何か支援活動をするのは難しいのでお手伝いができればいいなぁと思っています。
着の身着のままで避難されている方達がいて、夏服がなく困っているようです。...
特にご高齢の方や子ども達の夏服が不足しているようなので、
ご協力頂けると本当に助かります。よろしくお願いします。
 
募集期間:6月16日(木)~23日(木)
 
持ち込み先:おやこの広場びーのびーの、港北区地域子育て支援拠点どろっぷ、びーのびーの企画室(法人事務局)
集めるもの(以下以外のものは送れませんのでご注意ください)
★洋服類(とくに大人、高齢者向けの服が足りていないです)
★これから着られるもの(冬服はご遠慮下さい)
●対象 男女 大人・子ども(100~150センチ)
●サイズ メンズ 全サイズ、レディース L,LL
●洋服は中古でもOK(ただし要洗濯)
●パンツ、靴下は新品のみ
 
熊本地震 子育て家庭支援活動募金のご協力ありがとうございました
2016-06-16
 NPO法人子育てひろば全国連絡協議会が取り組んだ、【熊本自身 子育て家庭支援活動募金】の結果報告をお知らせします。
 
皆さまから多くの募金をお寄せいただきましたことを御礼申し上げます。
全国からのべ146件の振込があり、382万8,106円の募金が集まりました。
近日中に熊本県内で乳幼児家庭を支援されている11のひろばに送金し、
支援活動やひろばの備品修繕等に活用いただきます。
 
下記に送金先の状況を紹介します。 
 
◆益城町の「つどいの広場とんとん」(NPO法人「子育て応援おおきな木」)
ひろばの周囲がガレキ置き場となって使えない上、備品等も壊れてしまっていて、
避難所の一角で再開されたものの、避難生活者の空間とひろばの共存は大変。
行政には、プレハブを建て、新たな場所での再開を働きかけているところです。
スタッフの方々も車中泊や、家が全壊など、大変な中での活動です。
http://www.town.mashiki.lg.jp/kihon/pub/detail.aspx?c_id=137&id=650 (現在、リンク切れ)
 
◆合志市にある「つどいの広場ぽっぽの部屋(NPO法人ぽっぽの部屋)」
ひろばの入ってた建物自体が1年は使えないそうです。
青空ひろばでテントで活動された後、5月末から公民館の一室に移動されました。
おもちゃや備品等が泥をかぶったので募金は大変ありがたいとのこと。
 
◆大津町の「つどいの広場  美咲野広場あぽり」(NPO法人こそだてサポーターあぽり)
民設民営の拠点。補修費は行政から出ず、大家さんも補修のめどがたたないため、
廃材を集めて自力で補修されています。
エアコン室外機も壊れて使えない中、とにかく親子の支援を・・とひろばを再開されました。
 
◆八代市の子育て支援拠点(こどもプラザわくわく・すくすく)
建物がスプリンクラー誤作動で閉鎖後、今は通常開館。
先日も震度5の余震があり、親子の不安感が強い状況です。
益城町への出張支援も行っていくそうです。
 
◆御船町の「つどいの広場ゆう・ゆう」(NPO法人子育て談話室)
乳幼児家庭専用の避難所となっていましたが、その後、通常再開。
今後は「お喋り会」と銘打ってピアサポートの場を定期的に開いていくそうです。
同じ団体が、嘉島町、甲佐町、熊本市植木町にもひろばを運営されています。
 
これ以外のひろばも、建物自体の被害はなくても、子どもが親のそばを離れられないなど、
親は戸惑いつつ、疲れも溜まってきています。
募金は、座談会や相談などの心のケア含めて、各ひろばで必要な支援を検討いただくことになりますが、
出張ひろばや訪問などのアウトリーチなど、継続的な活動にも使われことと思います。
以上、募金活動の御礼と報告です。
 
詳しくはNPO法人子育てひろば全国連絡協議会HPをご覧ください。
 
 
 
------------------------------------------------------------------------------------
 (以下 4/23 公開記事)このたびの熊本地震により、被害を受けられた多くの皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
4月20日現在、ひろばが乳幼児家庭向けの避難所となっているところもあるようです
どろっぷが加入しているNPO法人子育てひろば全国連絡協議会では、被災地への心からの励ましと、支えあいの気持ちとして募金を集め、現地の地域子育て支援拠点や、被災地の親子を支える活動をされる団体を対象に、「子育て家庭を支援する活動に特化した募金」を送る活動を開始しました。
この活動に賛同し、どろっぷでも募金活動を開始いたします。
皆様の温かいご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。  
 
NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 http://kosodatehiroba.com
 
家庭での防災について考えてみませんか?
2016-04-18
 どろっぷ利用者メンバーのボランティア活動グループ【BOSAIくらぶ】からの呼びかけです。
熊本の状況は心配です。でも、では私たちに、今できることは?
自分と家族を守るために今することは?
身近な備えを見直しませんか。
<<港北区地域子育て支援拠点どろっぷ>> 〒222-0037 横浜市港北区大倉山3丁目57-3 TEL:045-540-7420 FAX:045-540-7421