○港北区の子育て情報満載!
066087
qrcode.png
http://www.kohoku-drop.jp/
モバイル版はコチラ!
 

港北区地域子育て支援拠点
どろっぷ
〒222-0037
横浜市港北区大倉山3丁目57-3
TEL.045-540-7420

 「どろっぷ」は、特定非営利活動法人「びーのびーの」が、横浜市港北区から受託して運営しています。

 
 
 

事業運営・事業評価など

 

運営法人概要

運営法人概要
  名称 特定非営利活動法人びーのびーの
  法人事務局所在地・電話番号 〒222-0037横浜市港北区大倉山5-40-3大倉山壱番館207 
TEL045-540-7422
FAX045-883-7619
  法人URL http://www.bi-no.org
  法人理事長 奥山 千鶴子
  法人設立 平成12年 2月1日
  どろっぷ(大倉山) 横浜市港北区大倉山3-57-3・TEL045-540-7420・FAX045-540-7421
  どろっぷサテライト(綱島)
横浜市港北区綱島東3-1-7・TEL045-633-1078・FAX045-633-1072
  施設長 施設長            原 美紀 
 どろっぷ(大倉山)副施設長 大槻 智子
 サテライト(綱島)副施設長 田之畑 有美
  どろっぷ(大倉山)開所 平成18年 3月29日
  サテライト(綱島) 平成28年 3月30日
 

事業評価など

事業評価など
 
単年度事業振り返り
H27評価結果・H28重点目標 ( 109KB )
   
単年度事業振り返り
H26重点目標評価結果・H27重点目標 ( 127KB )
 
港北区地域子育て支援拠点事業5か年度の振り返り
5か年度の振り返り ( 22KB )
 
協働契約
平成24年協働協定書 ( 65KB )
 
役割分担表(例示) ( 716KB )
運営のおける目標に関して、運営法人、行政とそれぞれの果たすべき役割について事業の分野ごとに、確認して双方で議論を重ねて毎年見直し、作成するものです。
 
役割分担表の詳細内容については公開することはできません。
ここでは、フォームのみイメージとして公開いたします。
 
 

「協働」について

「協働」について
 
 「どろっぷ」が提供している地域の子育て支援のサービスは、地域の特性等を踏まえて、多様な市民ニーズにきめ細かく対応することが必要な分野のサービスです。一般的に行政が実施する施策は、公平性・平等性・専門性などが保たれる反面、画一的になりがちで、多様なニーズに的確に応えるものになりにくい場合もあります。
 このため、地域の子育て支援のような、コミュニティを基盤とした心の通うきめ細やかな公共的サービスの提供には、行政と市民が「協働(※)」して取り組むことが必要であり、横浜市はこの「地域子育て支援拠点事業」を「民間主体協働型」の事業と位置づけて、平成17年度より各区に1か所の拠点を設置する取組を進めました。
 その取組において、地域子育て支援拠点「どろっぷ」は、市内最初の地域子育て支援拠点として平成18年3月に拠点のモデル事業を開始して以来、行政や地域と「協働」で運営を進めてまいりました。
運営過程において「行政」と「運営法人」がいかに役割分担をしながら、子育て家庭が必要としている支援を提供していけばよいのかということについて、行政とともに議論を進めています。
 その議論のプロセスにおいて、毎年「役割分担表」をまとめ、目標設定をしながら事業を進めております。また、平成20年度からは、事業を協働で進めていくことを両者で確認するための「協働協定書」を締結して、よりよい拠点事業を進めて行く「協働」の体制を進めています。
 このような運営方法は、港北区に限らず、各区にある地域子育て支援拠点で進められています。
 
※「協働」について
 横浜市では、協働に関する横浜コードを定め、さまざまな市民サービスについて、『公的サービスを担う異なる主体が、地域課題や社会的課題を解決するために、相乗効果をあげながら新たな仕組みや事業を創りだしたり、取り組む』という「協働」の方法により進めることに取り組んでいます。
 協働運営、協働契約に関しては、まだまだ行政、NPO、市民活動の分野において発展途上、議論が日々重ねられています。
 
<<港北区地域子育て支援拠点どろっぷ>> 〒222-0037 横浜市港北区大倉山3丁目57-3 TEL:045-540-7420 FAX:045-540-7421