○港北区の子育て情報満載!
102010
qrcode.png
http://www.kohoku-drop.jp/
モバイル版はコチラ!
 

港北区地域子育て支援拠点
どろっぷ
〒222-0037
横浜市港北区大倉山3丁目57-3
TEL.045-540-7420

 「どろっぷ」は、特定非営利活動法人「びーのびーの」が、横浜市港北区から受託して運営しています。

 
 
 

スタッフブログ 最新記事

  • トップ  > 
  • スタッフブログ 最新記事
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
【ど・サ】横浜市こども子育て会議の市民委員公募中!
2016-07-13
横浜市こども子育て会議の市民委員公募が始まっています。
横浜市の<こども>←青年期まで含みます
にまつわる、いろいろな取組を平成31年度までにやること、やりたいこと、を規定しているのが、【横浜市こども子育て支援事業計画】漢字ばっかりでむずかしそういみえるので、【よこはま わくわくプラン】という愛称がついています。http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/shien-new/iken/newplan-public-comment.html
愛称がつけばわかりやすく簡単になるか?いやならんだろ!って話なわけですが、まあ、そんな名前もついている計画があります。
この計画は、誰が決めているか?といえば、こどもにまつわることをやっているいろいろな人、保育園、幼稚園、学校、放課後のこどもたちの居場所をやっている人、プレイパーク、医療、学童、障がい、不登校支援などなど、いろんな機関の代表者、運営者が入っています。
もちろん市役所の人たちも入って、計画を決めるための会議をしたり、計画通り進捗しているかを調べたり、現場の施設はどうなっているか、の見学をしたりしています。
その会議が【横浜市こども子育て会議】。
さて、この会議には、入る委員として、大事な人が上にあげた人の中に抜けているのにお気づきですか?
そうです、大事な大事な<親>、今子育て真っ最中の親である人そのもの、です。親、当事者そのものの意見が入らずして、子育てのことを語ることなかれ!!
なわけです。横浜市はきちんと当事者である親そのものの声も聴いて、政策をつくっていっています。
そういうわけで、横浜市は市民委員を公募しています。
詳細はこちらから>>http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/action/report/kosodatekaigi-shiminiin.html
奮ってご応募ください!
 
【ど】土いじりの会
2016-07-13
今日は「土いじりの会」。
大人も子どもも“せっせ”と、じゃがいもを掘りました。
 
「じゃがいも獲れたよ~」
 
じゃがいもを調理している間、
子どもたちは畑で土遊び。
砂とまた違う感触。冷たくて気持ちがいいね
 
土で遊んだあとは、
蒸かしたじゃがいもと、
お味噌汁を「いただきま~す」
じゃがいもが苦手なお友だちも、
「おいしぃ」とモグモグ。
 
SボラのMさん、Kさん、Yさん、Hさん、
親子ボランティアのみなさま、
そして、参加してくれたみなさま、
ありがとうございました
 
【サ】たくさんトマトが取れたよ
2016-07-13
小さいトマト、大きなトマト。たくさん真っ赤に実りました。
夏野菜の収穫は蒸し暑ーいお外も楽しくなるね♪
みんなで取ったお野菜を、みんなで食べたらおいしさも格別
あっという間にお皿がからっぽになりました!
 
 
【ど】どろっぷの避難訓練
2016-07-13
昨日、どろっぷでは、地震を想定した避難訓練をしました。
 
地震で揺れているあいだは、だんごむしのポーズで頭を守ります。
揺れがおさまったら、ひろばの真ん中に集まって、
震源はどこ?避難はする?という案内を聞きます。
「避難をします!」という合図で、荷物を持ち、靴を履いて、外へ。
 
今回は訓練なので、門の前でストップ。
名前が呼ばれて、全員の無事を確認しました。
避難終了。
 
ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。
災害に備えて何を準備したら良いのか、、、
次回のBOSAIくらぶで一緒に考えましょう!
来週21日(木)の10:30、カフェコーナーでお待ちしています。
 
【ど】雨上がりに、、、
2016-07-09
ひまわり咲いたよ
みんなも
ひまわりのように
元気いっぱい
どろっぷで遊んでね!
<<港北区地域子育て支援拠点どろっぷ>> 〒222-0037 横浜市港北区大倉山3丁目57-3 TEL:045-540-7420 FAX:045-540-7421